大好きな旅行&ときどき猫ネタ、日々のネタ
by catclooney
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
minum kopi l...
歩々晴天
mao's diary
BAGUS!
いつでも南の島気分 ネコ館
ウブドな日々
きまま日記
旅にゃん日記
ぷかぷか
旅ネタ sedikit ...
Listen to ASIA
毎日更新できるかな
渡バリ病棟
BIGMOON
il diamante
しゃっちょさ~んのブログ
VAMOS!
ShinjiのPhoto...
異邦人
チェックインタイ
ベルトの穴ずらしてよろし...
マシマシライフ
ばりちゅう
窓を開けて~ただいまお休...
note
もっと歩々晴天
ベッティーナ
olaola日記
道楽のススメ
lulur*otb
ほてるふぉと
A few good r...
バリ島生活を夢見て・・・...
* Happy Slow...
Sanatorium
ぶーげんびりあの育て方
シドニーそしてバリ島 -...
バリ島 レストラン巡り
Travel is my...
ねこのため息
リンク
カテゴリ
Bali
Bali 《宿》
Bali 《食+飲》
Bali 《美+癒》
Thai
Thai 《宿》
Thai 《食+飲》
Thai 《美+癒》
Japan
Japan 《宿》
Japan 《食+飲》
Siem Reap
Seoul
Samui
Phuket
Marrakech
Paris
Hong Kong
Kuala Lumpur
Cats
Others
タグ
(190)
(116)
(102)
(81)
(80)
(70)
(67)
(66)
(62)
(54)
(51)
(46)
(46)
(45)
(45)
(45)
(44)
(43)
(41)
(40)
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
pignou di pe..
from minum kopi lagi?
以前の記事
2014年 08月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
more...
ファン
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Siem Reap( 44 )
シェムリアップからバンコクへ
シェムリアップの中心部から空港までは車で約15分。
チェックインも出国審査も全然混んでいなくてスムーズだったので・・・
d0056282_220596.jpg
ホテルスタッフと記念撮影した45分後にはもうこんなところに着いちゃいました~。(笑)
早く着いて時間に余裕があるのはいいけれど、シェムリアップ空港は規模が小さくてショップもちょこっとしかないから時間潰しに困るのよねぇ・・・。

d0056282_2202038.jpg
ってなわけで、ダンナへのお土産を買った後はFCCカフェで一休みすることに。
ってか、FCCカフェっが空港内にもあったとは知らんかったわー。

d0056282_2203472.jpg
メニューを見たらアルコールもけっこう揃っていたけれど、朝食時にワインをたんまり飲んだし、短時間とはいえフライトを控えているからここでは可愛くレモンジュースを。(笑)

d0056282_2204713.jpg
そろそろ搭乗開始。13:20発のPG906でバンコクへ向かいます~。

d0056282_22117.jpg
d0056282_2211323.jpg
昼間のフライトは景色が見える窓側の席のほうが楽しいね。(ただし短時間限定)

d0056282_221257.jpg
機内食はこんな感じ。PGの機内食はちゃんと食べられるお味です。(笑)
[PR]
by catclooney | 2013-03-07 22:03 | Siem Reap
ザ・プリビレッジ・フロアの朝ごは~ん。 <その4> &チェックアウト!
とうとうシェムリアップ最終日。昼過ぎのPGでバンコクへ移動するためホテルを昼前にチェックアウトしなければならなかったので、いつもより早い時間に朝食をいただきました。
d0056282_13144512.jpg
前日はランチと言ってもいい時間だったけれど、この日は朝っぱらから飲んじゃってます。
「ご自由にどうぞ~」と言わんばかりに置いてあったらやっぱり飲んじゃうよね~。

d0056282_1315798.jpg
しかもお代わりまでしちゃってるし~。(3杯は飲んだかと・・・、笑)

d0056282_13151013.jpg
朝食と言える時間の朝食(なんじゃそりゃ、笑)だったので軽めの食事にしておこうと思い、2日目と同じクメール・ヌードル・スープ(具はシーフード)をいただきました。

d0056282_13153419.jpg
そんなこんなでチェックアウトの時間。最後にホテルスタッフと一緒に記念撮影を。
左側のスタッフは今回の旅で一番お世話になったドライバーさん。
いつでもどこでも快適な車で送迎してくれてホント助かりました~。
押さえておきたい遺跡はすべて行けたし、ホテルでもレストランでもいっぱいお酒を飲めたし(笑)、どえらい楽しい4泊5日のシェムリアップでした!
[PR]
by catclooney | 2013-02-25 13:15 | Siem Reap
Viroth'sで晩ごは~ん。
シェムリアップ最後の夜は、ホテルのスタッフにお勧めされたViroth's Restaurantでディナーをいただきました。
ここって一軒家レストランかと思ってたんだけど、後で調べたらViroth's Hotelに併設されたレストランだったんだね。
このホテルの部屋、私の好みだわ~。ちっこいけどプールもあるし、お得なパッケージ(オフシーズンだけど・・・)もあるし、パブ・ストリートにも歩いて行けるし、けっこういいかも~。
d0056282_1357241.jpg
レストランの雰囲気はこんな感じ。
今回の旅で私たちが行った中では一番お洒落なレストランでした。

d0056282_13571586.jpg
無事に最後の夜を迎えられたことを祝して赤ワインで乾杯~♪

ここではこんなん食べました。
d0056282_13572974.jpg
d0056282_13575016.jpg
d0056282_1358391.jpg
写真を見たところ、スープ(?)と海老の炒め物と麺料理を食べたと思われ。(笑)
これまで行ったレストランと比べると値段はちょいと高めだったけれど、ワインを飲んでも確か1人10ドルくらいだったからカンボジアはやっぱり物価が安いよね~。
[PR]
by catclooney | 2013-02-22 13:58 | Siem Reap
ARTISANS ANGKORとスーパーへ
プールでホゲホゲした後は、ホテルのスパでマッサージを受けるという奥様を残し、買い物好き奥様と2人でARTISANS ANGKORへ行きました。
ここは身体に障がいのある人や学校へ行けない人たちがカンボジアの伝統工芸品の制作技術を身に付ける専門学校なのだそうです。
到着するとまず日本語を話せるガイドさんに案内されて工房見学をしました。
d0056282_2142661.jpg
工房に入るとすぐにあったのは機織り。カンボジアはシルクも有名だもんね。

d0056282_2144247.jpg
d0056282_15234952.jpg
最初に見学したのは絵画の工房。彼女たちは耳が不自由だそうで・・・

d0056282_215440.jpg
手話の一覧表がありました。クメール語(?)だから見てもサッパリだけど・・・。

d0056282_2152382.jpg
続いては木像の工房。
テーブルの上にあるのは説明用の像で、完成までの過程が左から順に並んでいます。

d0056282_2153999.jpg
次は何だっけ?小さなパネルに絵を描いて合体させ、大きな風景画にしていました。
右はタ・プロームだけど左はどこだろう?

d0056282_2155964.jpg
ここでいったん工房を出て中庭を通り、別棟の工房へ移動します。

石の工房へ
[PR]
by catclooney | 2013-02-18 21:09 | Siem Reap
ザ・プリビレッジ・フロアの朝ごは~ん。 <その3>
LYLY Restaurantで食事した約3時間後、今度はホテルで朝ごはんをいただきました。
ザ・プリビレッジ・フロアは朝食時間が決まっていないからいつ食べたっていいんだもんね。
d0056282_22595941.jpg
注文した料理を待つ間にまずは甘っぽいデニッシュを。
で、これをカウンターに取りに行ったとき、素敵なものを見つけてしまいました~。

d0056282_22594158.jpg
それがこれ!朝からスパークリングワイン飲み放題なのよ~!!
1日目、2日目もあったのかなぁ?3日目にして初めて気づいたよ。
なんか2日分のワインを損した気分だて。(笑) それはさておき・・・

d0056282_23031100.jpg
ラウンジの朝食メニューにはなかったけれど、聞いたらお粥もOKだったので(ホテルのレストランの朝食にはあるのかな?)この日はお粥をいただきました。

d0056282_2304046.jpg
麺、パン、お粥と炭水化物だけじゃあ何だから、ちゃんとフルーツも食べたけど~。(笑)

朝食後はプールでホゲホゲ。
[PR]
by catclooney | 2013-02-12 23:05 | Siem Reap
LYLY Restaurant で朝ごは~ん。
早朝からアンコール・ワットを訪れた後はホテルへ直帰せず、同行した奥様方のリクエストで
LYLY Restaurantへ朝ごはんを食べに行きました~。
d0056282_17034100.jpg
ここにはLYLY Restaurantって書いてあるし、横の看板にもLYLYって書いてあるけれど・・・

d0056282_1705169.jpg
この看板に書いてあるのはLILI Restaurant。ま、細かいことは気にしない、気にしない。

d0056282_1711777.jpg
メニューにもLYLY Restaurantって書いてあるから、LYLYってことで。(笑)
ちなみに、メニューは英語表記もされているので注文しやすいかと。

d0056282_21511012.jpg
このレストランへ行った7時くらいはまだテーブルが空いていたけれど、後から続々とローカルの人や制服を来たガイドさんらしき人たちが朝食を食べに来ていましたよ~。

d0056282_1713763.jpg
LYLY Restaurantではアイスコーヒーと~

d0056282_172144.jpg
豚肉と大根?冬瓜?と葉っぱ(オイオイ)が入った麺をいただきました~。
あっさりした味付けだけど、朝食にするならあっさりしているぐらいがちょうどいい。
辛くしたければ横にあるソースで辛さを調節できるしね~。
この写真には写っていないけれど、串切りにしたレモンも添えてありましたよ~。

d0056282_1722513.jpg
LYLY Restaurantの場所はシェムリアップのメインストリートであるシヴォタ通り沿い。
ってか、前回宿泊したPrince D' Angkor Hotel & Spaの斜め向かいじゃん!
すぐ近くにこんな安くて美味しいローカルレストランがあったとは・・・
[PR]
by catclooney | 2013-02-10 17:03 | Siem Reap
早朝、アンコール・ワットへ
シェリムアップ4日目。この日は早起きして再びアンコール・ワットへ行きました。
早朝からアンコール・ワットを訪れた目的はもちろんサンライズ。
d0056282_23144029.jpg
これを撮影したのは6時頃。「そろそろ太陽が昇ってきてもいい頃なのにな~」とか思いながらぼんやりと座って日の出を待ったけれど、この日はあいにく雲っていて・・・

d0056282_23145831.jpg
気づけばサンライズを拝めないまま、すっかり明るくなっちゃいました・・・。
くそ~!せっかく早起きしたのに~!!(泣)

d0056282_23151219.jpg
そんなわけなので、途中でブログアップを放棄して未掲載だった2008年5月に訪れた際のサンライズ@アンコール・ワットを載せておきます。
天気が良ければ尖塔の間から昇る朝陽を見られますよ~ってことで。(笑)

朝陽が見られないのはしょうがないけれど、このまま帰るのもつまらない。
ってなわけで、観賞対象を別なものにチェンジ!
d0056282_23152958.jpg
朝陽の代わりに注目したのは、某国おばさんたちの服装。
すごいファッションセンスだよねぇ、斜め掛けショルダーバッグもマストなようで。(笑)

d0056282_23155834.jpg
ここで出会ったワーストドレッサー賞は右のおばさん。ありえん組み合わせなんですけどー!
しつこいようだけど、アンコール遺跡を訪れる際は派手な色柄は避けて、落ち着いた色合いの服装にしていただきたいものです・・・。
過去、一緒にシェリムアップに行った某氏が画面(えづら)が悪くなるって言ってたっけ。(笑)

d0056282_2316107.jpg
おばちゃんを背後からコッソリ撮影する奥様をさらにコッソリと撮影。
私たち、朝っぱらから何してんだか。(笑)
[PR]
by catclooney | 2013-02-08 23:16 | Siem Reap
クメール・クイーンで晩ごは~ん。
3日目の晩ごはんはホテルカーに送ってもらってまたまたパブ・ストリートへ。
っと、その前にオールド・マーケットでちょっとお買い物~♪
d0056282_2321739.jpg
d0056282_23212258.jpg
オールド・マーケットには衣類や雑貨などいろんなものが売られているけれど、ここで私が買いたかったものはバラマキ土産用の胡椒。
カンボジアは胡椒の生産地として有名だし、胡椒ならたくさん買っても軽いもんね~。
しかも安い!(これ大事、笑) いっぱい買ったら3個で2ドルにしてくれました。

さて、肝心の晩ごはんはというと・・・
d0056282_23213820.jpg
店頭で魚介類や鶏肉などを焼き焼きしていたクメール・クイーンというレストランでいただきました。(店名でピン!ときたかと思いますが、ママさん(?)はオカマちゃんでした、笑)

d0056282_2321524.jpg
このレストランのビールはカンボジア・ビールでした。
アンコール・ビールはもう飲んだからちょうどよかったかも~。
ってか、瓶ビール高っ!小瓶でも倍って・・・。

d0056282_23221043.jpg
ってなわけで、まずはドラフトビールで乾杯♪

こんなん食べました。
[PR]
by catclooney | 2013-02-01 23:26 | Siem Reap
アンコール遺跡観光  ~アンコール・ワットの巻 <その2>~
d0056282_1513440.jpg
それではアンコール・ワットの中へ入りましょう。

d0056282_152420.jpg
ここは順番からいってたぶん第一回廊。(オイオイ)

d0056282_1514912.jpg
デヴァター像の胸のところだけ色が違うでしょ?
人が触ったところは手の脂(?)でツルツルピカピカになっちゃうんだって。
ってか、胸だけ変色してるってどうなの?触ったの男性??

d0056282_2203774.jpg
ここは第一回廊と第二回廊の間にある十字回廊。
その名の通り、十字に区切られていて4つの沐浴池があります。

d0056282_1522043.jpg
第二回廊はすっ飛ばして第三回廊。
前日は何かの日(オイオイ)で第三回廊には上がれなかったけれど、この日はOK!
となると、第三回廊まで上がらんわけにはいかんよね~。

d0056282_1523838.jpg
ってなわけで、また私は先に上がってカメラマン「クルーキー」に。(笑)
ってか、初めてアンコール・ワットに行ったときは幅の狭い急な石階段を手をついて命がけで上がったけれど、今は手すりの付いた階段ができて楽になったもんだわー。
ちなみに、下に見えているのが第二回廊です。

d0056282_1525034.jpg
第三回廊はこんな感じ。

d0056282_1531082.jpg
壁の色がちょっと赤っぽいのは材質が違うからかな?

d0056282_1532827.jpg
ここにもやっぱりデヴァター像。

d0056282_1534381.jpg
この三人娘は腕なんか組んじゃって仲良しだね。まるで私たちみたい。(笑)

d0056282_1535768.jpg
よく見ると中央祠堂の壁面にもデヴァター像が。
あんな高いところを彫るのは大変だっただろうねぇ・・・

d0056282_1541963.jpg
第三回廊から西塔門側を見たところ。
この写真ではわかりづらいけれど、実際に見ると西塔門がやけに遠く感じてアンコール・ワットって広いんだなぁってのがよくわかります。

d0056282_1543430.jpg
ズームで撮った某国の人たち。どこでも写真撮るときは必ずジャンプするのねぇ・・・。

d0056282_1544818.jpg
第三回廊は十分堪能したから下りようかね~。(この写真だと恐怖の石階段がわかるね・・・)

第一回廊のレリーフ
[PR]
by catclooney | 2013-01-28 15:09 | Siem Reap
アンコール遺跡観光  ~アンコール・ワットの巻 <その1>~
かな~り遅めの朝食を食べ、部屋でビールを飲みながら一休みした後はアンコール・ワットへ行きました~。(アンコール・ワットは午後のほうが空いているって。ガイドさん談)
アンコール・ワットはアンコール遺跡群の中で最も規模が大きく、カンボジアの国旗にも描かれているアンコールを代表する遺跡。やっぱりここに行かんわけにはいかんもんね~。
d0056282_22271456.jpg
正面に見える西塔門へは、両側に濠を見ながら参道を進みます。

d0056282_22291917.jpg
他の遺跡の濠と比べてアンコール・ワットの濠は幅が広くてデカいね~。
幅190mもあるそうだから中央で落ちたらえらいこっちゃ・・・。

d0056282_22272645.jpg
そんなこんなで西塔門に到着。早速、中に入りましょう。
って言っても、ここはまだアンコール・ワットの入り口に過ぎないけどね~。

d0056282_22294189.jpg
d0056282_22295578.jpg
ここのレリーフも彫りは浅いけど細かいね~。

d0056282_2230196.jpg
横に延びる回廊があったけれど、面倒だったからここはパス。(笑)

d0056282_22305633.jpg
d0056282_22303829.jpg
門を抜けて内側から見たところ。壁には美しいデヴァター像が。

さらに先へ
[PR]
by catclooney | 2013-01-11 22:32 | Siem Reap